1. HOME
  2. 婦人科検診
  3. 検査説明・常務医師紹介・注意事項

婦人科検診

検査説明

総合乳がん検診

視触診
乳房を目で見たり触れたりして乳房の形や皮膚に異常がないか、乳房やわきの下にしこりなどがないか調べます。
乳がん検診の時にも行いますが、月1度自分でも触診をする事が大切です。
視触診は乳がん検診の基本ですが、しこりがある程度の大きさにならなければ分からず、この検査だけで済ませていては非常に危険です。
1年に1度は乳がん検診で以下のいずれかの検査を受けることをお勧めします。
マンモグラフィ(乳房X線撮影)
乳房のX線撮影のことをマンモグラフィと呼んでいます。
乳房をはさみこんで圧迫し撮影を行いますので若干の痛みをともなうことがあります。
この検査は特にしこりとして触れるようになる前の早期乳がんに伴って発生する石灰化の発見や脂肪の多い乳房での腫瘤(しこり)の発見に有効です。
(X線検査のため、妊娠の可能性がある方は施行できません。)
乳腺エコー
超音波を使って異常を調べる検査です。この検査は特に腫瘤(しこり)を作るタイプの病変や乳腺がたくさんある乳房での病気の発見に有効です。

自己検診を行うタイミングについて
乳腺はホルモンの影響を受けているため月経前に乳房が硬くなったり痛みを感じたりします。
閉経前の人が検診を受ける時、または自己検診を行うタイミングは月経開始後1週間~10日ぐらいがベストと言われています。

子宮頸がん検診/各種検査説明

細胞診
膣鏡診をしている状態のまま子宮頸部、膣部をブラシやヘラ、綿棒などの器具で擦り細胞をとります。
結果はクラスⅠ・Ⅱ・Ⅲa・Ⅲb・Ⅳ・Ⅴと細胞の異常により結果が分けられクラスⅠ・Ⅱは正常ですが、クラスⅢ以上は異常が疑われるため再検査や精密検査が必要となります。
内診(双合診)
膣に入れた指と腹部から抑えた手の間に子宮や卵巣をはさむことで子宮や卵巣の大きさや痛みなどないか診察します。
できるだけ腹部の力を抜いて受けてください。
子宮頸がん検診
子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)によって発生すると言われています。
ヒトパピローマウイルスは性交渉によって感染すると言われ、30歳未満の方でも性交渉の経験のある方は子宮頸がん検診をおすすめします。
HPV検査(費用別途)
HPV(human papillomavirus)とはヒトパピローマウイルスで子宮頸部の細胞に異常を起こし子宮頸がんに進行する可能性があるといわれる高リスクタイプとコンジローマの原因となる低リスクタイプにわけられます。
HPVは性行為で感染しますが、ほとんど症状がでません。性交渉をもつ女性の50~80%が一度は感染するといわれています。
多くは10代、20代に初感染したあと2年以内に自然消滅しますが、高リスクタイプの感染女性の5~10%に感染が持続します。
これらの女性では前がん病変へ進行するリスクが高いことが明らかになっています。
しかし、前がん病変からかならずがんへ進行するのかどうかはわかっていません。HPV検査を細胞診検査と併用し早期にリスクを見つけ、看視することによって、進行がんとなる前に治療を開始することが可能となります。
ですので、細胞診においてクラスⅢ以上、特に異型性の結果がでた場合HPV検査は経過観察、治療法の決定に有効な検査のひとつといえるでしょう。
検査は膣鏡診と同時に痛みなく行えます。以前に異常の結果が出たことのある方に特にお勧めします。

常務医紹介

婦人科検診の実施については全て女性医師・女性スタッフで対応致します。
*ただし、結果の説明等については男性医師となる場合がございます。

注意事項

◎ 予約のとり方 ◎

  • 生理中の婦人科検診はなるべく控えてください。経血量が多いと正確な検診結果が出ない可能性があります。予約変更も可能ですので、お気軽にご予約下さい。
  • 以下に該当する方はマンモグラフィーをお勧めできません。
    (1)若い人(特に20代前半)で乳腺が発達している人。
    (2)妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある人。
    (3)豊胸手術をしている人。
    (4)ペースメーカーを挿入している人。
     ⇒ (1)(2) については乳腺エコーのみ検査可能です。
     ⇒ (3)(4) については乳腺専門医療機関での検査をお勧めいたします。
  • 授乳中でもレントゲンやマンモグラフィーの検査は可能です。検査による授乳中の赤ちゃんへの影響を与えることはありません。
    ただし、授乳中は乳腺が発達しているためマンモグラフィーは精度が落ちますので、まずは乳腺エコーでの検査をお勧めしております。
  • 子宮体癌検診は現在行っておりません。
  • 当クリニックには託児施設はございません。

医療法人愛和会【金沢クリニック】

神戸市中央区加納町6-6-1
金沢三宮ビル11階

・花時計北側
・各線三宮駅より徒歩5 分

交通アクセス

診察スケジュール

09:00~13:00
14:00~17:15
17:15~18:15

は女性医師による診察日

*代診の場合がございますので、
事前にお問い合せの上来院してください。

お電話によるお問い合せ

外来直通
078-331-0743
健診直通
078-332-4755

*当日のお電話のお問い合せは17時までとなります。
ご了承ください。

ページの先頭へ